THE PACK - World to Tripping - THE PACK - World to Tripping -

LIFESTYLE

【荷物すっきりで旅を身軽に快適に!】超小型の衣類圧縮マシン「VAGO」 8,980円

2018.02.01

画像:https://www.makuake.com/project/creationcell-vago/

旅の荷物はコンパクトにまとめて、身軽に快適に行動したいもの。スーツケースや旅行バッグの中は、すっきりとさせておきたいですよね。また、せっかくの旅先では荷物の量を気にせずにお土産を買って持ち帰りたいものです。しかし、余裕があるはずのバッグやスーツケースなのに、いつのまにか荷物が増えて気がつけばパンパン…という経験をした人も少なくはないでしょう。

この「VAGO(ヴァーゴ)」は、そんな旅の荷物の悩みを解消してくれる電動の衣類圧縮マシン。かさばる衣類を圧縮して、スーツケースや旅行バッグの中をすっきりとさせてくれます。しかも、マシンは手のひらに乗っちゃうぐらいの超小型サイズなので、旅先に一緒に持っていっても全く邪魔にならないんです!

この「VAGO」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、旅好きや旅の荷物づくりに悩む人々の共感と支援を得て、先行販売が開始された注目の商品。旅行や出張で大活躍してくれること間違いなしの、便利な衣類圧縮マシン「VAGO」についてくわしく紹介しましょう!

 

使い方簡単でラクに圧縮

画像:https://www.makuake.com/project/creationcell-vago/

VAGOの使いかたは、マニュアルを読む必要もないほど簡単です。VAGOを圧縮袋につなぐだけなんですよ♪

VAGOに付属している真空バッグ(圧縮袋)には、VAGO専用の接続コネクターがついています。衣類を詰めた真空バッグにVAGOを接続したら、電源につないでスイッチオン!あとは、VAGOにおまかせして、真空バッグの圧縮が終わるのを待ちましょう。圧縮をしているあいだは、マシンのLED部分が赤色の表示になり、圧縮が終われば緑色の表示に変わって、圧縮が終わったことをお知らせしてくれます。

市販の圧縮袋を持っているからもういらないわ、と思った人も、一度このVAGOを試してみてはいかがでしょう?自分の手で圧縮袋を押したり丸めたりして、空気を抜いていくのは、意外と難しいものです。うまく空気を抜くためには、コツや力が必要になってくるので、苦労した方も多いのではないでしょうか?VAGOであれば、苦労して手で押したり丸めたりをする必要はなく、スイッチをONにした後は待っているだけなんですよ。VAGOに圧縮をおまかせしているあいだに、旅の支度など他の用事を済ませることができるのも嬉しいところですね!

 

↓詳しく見てみる↓

 

 

手のひらサイズの「超小型」

画像:https://www.makuake.com/project/creationcell-vago/

VAGOの特徴は、なんといってもそのサイズ。長さ70mm、直径36mmの円柱型をした、手のひらに乗るほどコンパクトな超小型サイズのマシンなんです!しかも、重さはペットボトルよりもはるかに軽い、わずか86gです。このサイズと軽さであれば、旅行先や出張先にいっしょに持っていっても、全く邪魔になりませんよね。バッグやポーチの中にほんのわずかの隙間があれば、入れることができちゃいます。

 そんな小さなマシンでちゃんと圧縮することができるの?と不安に思った方もいるのではないでしょうか?しかし、超小型ながらも、VAGOの圧縮の力はバツグンなんです。モーターメーカーと協力して試行錯誤を重ねながら開発した、大吸引力をもつバキュームモーターによって、衣類を約半分の容量にまで圧縮するパワーを持っています。

 

使いやすい3サイズの圧縮袋

画像:https://www.makuake.com/project/creationcell-vago/

画像:https://www.makuake.com/project/creationcell-vago/

VAGO専用の真空バッグ(圧縮袋)は、S・M・Lの3つのサイズから選ぶことができます。荷物の量や、人数はもちろん、季節に応じて使用するサイズを選んでくださいね。

一番小さなSサイズは、縦30cm×横30cm。Sサイズとはいっても、たっぷりの衣類が入るサイズです。目安としては、シャツ2枚・下着2枚・靴下2枚にジーパン2枚が入ります。シャツと下着の着替えが中心でアウター類を持っていかない、ビジネスでの一週間以内の出張であれば、Sサイズがちょうど使いやすいサイズでしょう。

Mサイズは、縦60cm×横50cm。Mサイズに入る衣類の量は、シャツ4枚、下着6枚、靴下3セット、ジーパン4枚・セーター4枚が目安です。セーターが4枚も入るサイズなので、衣類がかさばりがちな寒い季節の旅行であっても、十分活用できるサイズですね!

Lサイズは、縦100cm×横70cmのBIGサイズ。Mサイズの倍量の衣類が入ります。昼は海や山に、夜はディナーにと、旅先の予定が満載で衣類をあれもこれもと持って行きたい方も、このサイズがあれば安心ですよね。海に持っていくバスタオルやタオルなどの、かさばるものもしっかり入るサイズです。日本の気候とお出かけ先の気候が反対になることがある海外旅行にも、旅行先の服を気にせずに持っていくことができますね。

圧縮にかかる時間は、Sサイズであればわずか3分。Mサイズの場合は約5分です。一番大きなLサイズでも、約10〜12分で衣類を約半分の容量までしっかりと圧縮してくれます。

画像:https://www.makuake.com/project/creationcell-vago/

また、一度着た衣類は、ついた汚れやニオイが気になるものですよね。VAGOで衣類を圧縮しておけば、真空バッグの中が真空の状態で保たれているので、スーツケースやバッグの中でニオイが漏れたり細菌が繁殖するのを防ぐ効果も期待できますよ

 

すっきりしたデザインに6色のカラー

 

画像:https://www.makuake.com/project/creationcell-vago/

VAGOは、一見すると圧縮マシンとは思えないすっきりとしたデザイン。USBメモリのような円柱のフォルムをしています。

カラーは、ブラック・ホワイト・ピンク・パープル・アイロンレッド・キャプテンブルーの6色がそろっているので、好みの色から選ぶことができます。

 

手持ちのUSBケーブルで使える

VAGOには、専用の電源ケーブルや電源アダプタは必要ありません。一般的に使われる携帯用のMicro USBケーブルをつないで使うことができます。携帯とケーブルを兼用できるので、旅の持ち物をひとつでも減らすことができるのも嬉しいですよね。

また、モバイルバッテリーがあれば、電源がない場所でも使用することができます。たとえば海水浴にいったとき、泳いだ後の水着や着替え、バスタオルなどを真空バッグに詰めて圧縮してしまえば、車や電車で持ち帰ることができるので、とても便利ですね。

 

まとめ

旅の荷物をすっきりコンパクトにしてくれる、超小型の衣類圧縮マシン「VAGO(ヴァーゴ)」。ひんぱんに旅に出かける旅行好きの方はもちろん、毎週の出張の荷物づくりに飽き飽きしている方、少しでも荷物をコンパクトにして旅を身軽に楽しみたい方、ラクに荷物造りをしたい方にもオススメです!

 

↓詳しく見てみる↓

 

この記事をシェアする

  • line

WHAT’S NEW

PICK UP ITEMS