THE PACK - World to Tripping - THE PACK - World to Tripping -

LIFESTYLE

【折りたたみ可能でも本格仕様】ローランド Vポータブルドラム「TD-1KPX2」

2018.10.23

出典:https://www.roland.com/jp/

バンドの大黒柱であり、リズムの要となるドラム。フロントに立つボーカルやギターと比べると地味な楽器という印象をもっている方もいらっしゃるかもしれませんが、ドラムはバンドにおいて欠かすことのできない重要な存在です。

大人になってからはじめる習い事としても、人気が高いドラム。今回は、これからドラムを始める方、以前にドラムの経験がありもう一度やってみたいと考えている方、自宅でもっと練習をしたい方など、あらゆる方にオススメしたい電子ドラムをご紹介します。本格派の演奏が楽しめコンパクトに折りたたみもできる、ローランドのVポータブルドラム「TD-1KPX2」について詳しく見ていきましょう!

 

  

コンパクトに折りたため、素早いセッティングが可能

出典:https://www.roland.com/jp/

ドラムの購入を検討するときの大きなハードルは、自宅での置き場所や練習場所の確保。折りたたみ可能な電子ドラムは、広い置き場所を取らない半面、使うたびに都度組み立てをしないといけないのは面倒に感じますよね……。

「TD-1KPX2」は、折りたたむときにも、シンバルやパッドをスタンドにつけたままで取り外しが不要。使うときには組み立ての手間がかからないので、思いたったらすぐに演奏をはじめることができちゃいます♪

また、置き場所に応じてさまざまな折りたたみをすることも可能。日頃は、使わない間は簡易的に折りたたみお部屋の隅に立てたて収納しておけば使うときには広げるだけ。一番小さく折りたたんだときには、専用のキャリングケースに入れて外に持ち運ぶこともできます。

 

 

リアルな叩き心地に、ツインペダルも使用可能な本格仕様

出典:https://www.roland.com/jp/

電子ドラムにおいて、叩き心地を左右するのは「パッド」の材質。「TD-1KPX2」は、スネアと3つのタムのすべてに、メッシュのVパッドを採用しているので、本格的な演奏感を味わうことができます。叩いたときの跳ね返りが強いゴム製のパッドに比べると、メッシュパッドは生のドラムに近いリアルな叩き心地に。さらに、メッシュパッドは手首にかける負担が小さく、叩いたときに出る音も小さいというメリットもあります。

また、キック・パッドはワイドタイプとなっているので、ツイン・ペダルをセットして使用することも可能。バスドラム2つをセットしたツーバス演奏は、その本格的な見た目に憧れた方も多いですよね。しかし、バスドラムを2つ置くだけのスペースを自宅で確保するのはなかなか難しいところ。ツインペダルがあれば、バスドラム1つでツーバス演奏を楽しむことができます。

 

  

演奏を上達させる様々な機能

 

出典:https://www.roland.com/jp/

「TD-1KPX2」には、様々なレッスン機能が搭載されているので、自宅でもしっかりとした練習を行うことが可能。正確に叩く力やテンポをキープする力を養うレッスン、録音した演奏をチェックする機能などがそなえられています。

また、ドラム内蔵の曲だけではなくスマートフォンや音楽プレーヤーを接続することで、音楽に合わせての練習も可能。15種類の音色を内蔵しているのでジャンルに合わせた音色で演奏を行うことができます。お気に入りの曲に合わせての演奏にチャレンジしてみてはいかがでしょう!

 

USBケーブル一本でパソコンと接続

「TD-1KPX2」とパソコンは、USBケーブル一本のみで接続が可能。練習ソフトを使って学びながらの演奏や、音楽制作ソフトを使い、演奏したデータのパソコンへの保存や演奏データのドラムへの取り込みを行うことができます。

  

2018年グッドデザイン賞を受賞

出典:https://www.roland.com/jp/

「グッドデザイン賞」は、デザインを通じた産業や成果文化の発展を目的として、1957年からはじまった日本のデザイン賞。食器や家具、電化製品など暮らしの中の身近なものをはじめ、学校や発電所、お祭りまでと広くを対象にしています。デザイン賞の受賞を示す「Gマーク」が商品についているのを、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

ローランドのVポータブルドラム「TD-1KPX2」は2018年度のグッドデザイン賞を受賞。審査員から「専用設計により、コンパクトに折り畳める性能を洗練させながらも、ドラムとしての演奏性も妥協していない。演奏をしていない時のコンパクトさが、自宅からライブまで多様なスタイルを可能にし、音楽を楽しめる人を増やせる点に評価が集まった。」との評価を受けて今回の受賞となりました。

  

騒音や振動への対策は?

出典:https://www.roland.com/jp/

電子ドラムの購入を検討される方にとって、置き場所と同じくらいお悩みなのが、ドラムを叩いたりペダルを踏んだときの「騒音」と「振動」でしょう。マンションなど集合住宅にお住いの方でも、気兼ねなくドラムを演奏できるようにしたいですよね。

「TD-1KPX2」は、スネアとタムに静粛性能の高いメッシュパネルを採用。ドラムを叩いたときの打撃音をより抑えることができます。また、ハイハット・シンバル用のペダルには、メカノイズを低減する「FD-9」を採用。ペダルを踏み込んだときに、部屋の中や階下に伝わるノイズを抑えます。

さらに対策を行う場合は、キットペダルをオプションのトリガーパッド一体型のペダル「KT−9」に交換することで、お部屋の中や階下へ打撃音が響くことをより抑えることができます。

他にも、スタンドの足に装着するノイズ・イーターや、ペダルの下に引く防音・防振用のボードなど組み合わせることで、より一層騒音を低減することができます。ご近所への迷惑にならないように、しっかりとした対策や心配りを忘れずに、ドラムの演奏を楽しみたいですね!

 

世界の電子音楽を支えるローランドの技術

出典:https://www.roland.com/jp/

1972年に、大阪で電子楽器メーカーとして創業した「ローランド株式会社」。はじめての製品は、演奏の伴奏に使用するリズム・マシンでした。翌年の1973年には、シンセサイザーの第1号モデルが完成。1981年にはポリフォニック・シンセサイザー、1987年には世界的ベストセラーとなるフルデジタル・リニア・シンセサイザー「D-50」を発売し、世界でもメジャーなシンセサイザーメーカーとなりました。

また、1976年には、ギター演奏には欠かせないエフェクターを「BOSS」ブランドとして発売開始。1985年にはデジタルドラムの1号機を発表するなど、シンセサイザーをはじめとし、世界の電子音楽を牽引してきました。

  

まとめ

気候もよく過ごしやすい秋は、何か新しいことにチャレンジしてみたくなる季節ですよね。自宅の練習に最適で外でのライブ演奏にも持ち運ぶことができるローランドのVポータブルドラム「TD-1KPX2」で、ドラム演奏が初めての方もチャレンジして楽しんでみませんか?

 

この記事をシェアする

  • line

WHAT’S NEW

PICK UP ITEMS