THE PACK - World to Tripping - THE PACK - World to Tripping -

LIFESTYLE

家具はレンタルする時代?インテリア好きも気になる家具レンタルサービスとは

2019.07.26

季節や気分に合わせて洋服や髪型を変えるように、お部屋のインテリアもチェンジできたら、楽しいと思いませんか?私はインテリアショップ巡りが趣味なので、SNSでステキなお部屋を見かけるたび、こんな風に模様替えしてみたいといつも思います。
しかし、使える家具を買い換えるとなると、もったいないという気持ちに。処分などの手間もかかるため、一度購入した家具を買い換える機会はそれほど多くはないでしょう。
 

また新しい部屋に住み始めた時、引越し前のお部屋から持ってきた家具を使いづらいと感じる方も少なくないのでは。そう感じても、使えるからと我慢しながら使い続けているのではないでしょうか。

 

今回は、「買うもの」から「借りるもの」へとがらりと概念を変える「家具レンタルサービス」について紹介しましょう。家具という物に縛られたくない方も、インテリアを存分に楽しみたい方も、気になること間違いなしのサービスです。

 

 

イマドキの家具レンタルサービスは?

家具のレンタルサービスといえば、かつては、引越し会社が提供する単身者用のレンタルサービスなどが主でした。しかし、現在家具レンタルサービスは、実用的だけでなくインテリアとしても楽しめる内容に進化しています。

 

ソファ・ベッド・テーブルなど、必要なものをそれぞれ選ぶことが可能。一人暮らし用・二人暮らし用などサイズやバリエーションがあるだけでなく、北欧・ナチュラル・モダンなどさまざまなテイストの家具が揃っています。

 

レンタル期間の指定はもちろん、送料無料、荷物の預かり可能、買取可能、コーディネーターに相談ができるなど様々なオプションを備えたものも。各社のサービスについては、後ほどご紹介しましょう。

 

 

その時必要な家具をレンタルすることで暮らしを快適に

 

暮らし方が変わるのは、進学・就職・結婚・引越しなどのタイミング。私は何度も引越しを重ねてきましたが、結婚した今も独身時代に購入した家具のいくつかを使い続けています。

 

しかし、暮らし方にあっていない家具は、無理して使っても、効率の悪さや我慢につながってしまいます。

 

たとえば収納チェスト。我が家では結婚したとき夫婦それぞれのチェストを持ち寄り、収納が足りない分だけ、チェストと収納ボックスを買い足しました。しかし、収納が分散した結果、あれどこだっけ?が頻発することに。必要なものがすぐに揃わないという時間の無駄も発生しました。

また、夫が持ち込んだチェストは無垢材でできた一生使える良質なもの。捨てるにはもったいないの理由から今も使い続けていますが、家の間取りに合わずに模様替えの度に置き場に試行錯誤しています。

 

このように家具は、一度購入するとなかなか手放しにくいもの。家具に縛られることなく、その時にあった快適な暮らしをするためには、家具はレンタルで利用するというのも一つの方法かもしれません。

 

今までの自分の経験も踏まえ、家具レンタルサービスを利用できたらよかったのに、と思う時を挙げてみました。

 

<一人暮らしを始める時>

同じ一人用の部屋であっても、縦長や正方形など間取りはさまざま。私も一人暮らしの部屋を移り住みましたが、部屋が変わるたびに苦労したのは大きな家具の配置でした。置けずに実家に送り返したものもあれば、無理やり置いて家具に埋もれて生活したことも。

 

<結婚して二人暮らしを始める時>

新婚でレンタル家具?と思う方もいるかもしれませんが、私が一番活用したかったと思うのはこのタイミング。

まずは、費用と時間が理由です。結婚前は何かと忙しくお金がかかるもの。また、今まで別々に暮らしていた二人の生活スタイルが違うのは当たり前です。毎日一緒に暮らしてこそ、お互いのスタイルが隅々までわかるようになるでしょう。

慌てて家具を購入し、後から「実はベッドではよく眠れない」など揉め事が出てくるのは避けておきたいですよね。まずはレンタル家具で生活を始めて、落ち着いた頃必要な家具を購入しても遅くはないのではないでしょうか。

 

我が家は、結婚を機に3シーターのソファを購入したのですが、もっぱら私のお昼寝スペースに。2シーターのソファと1人がけチェアの組み合わせの方が、使いやすかったということは後になってから気づきました。

 

 

インテリア好きも満足!模様替え感覚で楽しもう

北欧・シンプル・ナチュラル・モダン・西海岸・工業系…他にも数多くのインテリアテイストがあります。私が家具レンタルサービスに注目したのは、異なるインテリアテイストにチャレンジしてみたいからです。

北欧系は丸みを帯びた脚、工業系は鉄製の脚などデザインが異なる家具を、模様替え感覚で楽しめるなんて、今まではできなかったことで夢が広がります!

 

 

家具レンタルサービス3選

インターネットを検索すると、家具レンタルの専門会社や通販会社が手がけるサービスなどを見つけることができます。今回は、私が特に気になった3つを紹介しましょう。

 

「CLAS(クラス)」

「CLAS(クラス)」は、テレビ番組「バチェラ・ジャパン」の初代バチェラーが手がける家具と家電のレンタルサービス。

鉄脚のテーブルや、北欧テイストのモダンな椅子などおしゃれな家具が揃います。レンタル代金は、安いものでは月々500円。配送料には組み立て費や保険も含まれていますが、期間が長くなると割引があるというのは嬉しいポイントです。

CLASのHPを見る

 

「airRoom(エアールーム)」

単品でのレンタルはもちろん、リビング用、書斎用などお部屋に合わせたコーディネートの一式もレンタルすることが可能。LINEで気軽にコーディネート相談をすることもできます。

注目は、今持っている家具の一時預りがあること。しかも上限数はなく、配送料も無料という太っ腹のサービスです。今の家具を手放さずに、違う家具を楽しむことができ、既に家具を持っているお宅も活用することできます。

惜しいのは、現在利用可能なのが1都3県と大阪府のみということ。地域拡大を期待したいサービスです。

airRoomのHPを見る

 

「subsclife」

「subsclife」の特徴は、全て新品のレンタルであること。また、ジャーナルスタンダード、アクメといったヴィンテージインテリア好きが憧れるブランドなどデザイン性の高い家具を取り扱っています。

実は、今回私が最も気になったサービスがこちら。ジャーナルスタンダードの家具は、個性的なデザインからお部屋にうまく取り入れる自信がなく、店頭で気になっても諦めていたのです。また、個性的なデザインは長く使うとなると飽きが来る恐れも。期間限定のレンタルであれば、今の気分に合わせたインテリアを存分に楽しむことができます。

subsclifeのHPを見る

 

まとめ

今回は、今時の家具のレンタルサービスを紹介しました。購入するのが当たり前だった家具が、これからはレンタルするのが当たり前に変わっていくかもしれません。その時々にあった快適な暮らしが実現できるだけでなく、インテリアとしても楽しめる家具レンタルサービスを活用してみてはいかがでしょうか?

 

ライター:MIKIKO.Y

この記事をシェアする

  • line

WHAT’S NEW

PICK UP ITEMS