THE PACK - World to Tripping - THE PACK - World to Tripping -

LIFESTYLE

運命の香りに出会えるかも?香水のサブスクで気になる香りを使ってみよう!

2019.12.18

2019年の流行語大賞にもノミネートされた「サブスク」と言う言葉。この1年の間に、さまざまな商品やサービスが「サブスクリプションサービス」として登場しているのを実感されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、数あるサブスクサービスのうち、「香水」をテーマにお届けします。

あなたは普段どんな風に香水を使っていますか?香水を使っていて感じた「困った」はないでしょうか?サブスクサービスを活用すれば、香水をもっと気軽に楽しめるかもしれません。また、気になる香水を試して行く中で、運命の香りに出会えることができるかも?

 

香水におけるこんな「困った」ありませんか?

お気に入りの香りや、新しい香りをつけた日は、何となく気持ちも上向きになりますよね。

私は日頃はナチュラルメイクなので、香水をつけることはそれほど多くはありません。仕事の日に元気を出したい時、気合を入れて身支度した日の仕上げなどに、香水をつけて気分をあげていきます。

そんな中で、私が経験した香水におけるいくつかの「困った」。「私も!」と思われる方も少なくないのでは?

最後まで使い切れない

使っているうちに香りに飽きた、毎日つけるのが面倒…。

理由は違っていても、香水における「困った」のうち、最も多いのが「使い残し」ではないでしょうか。我が家にも、途中まで使って箪笥の肥やしとなった香水が数多くあります。

香りの種類や体のどの部位につけるかにもよりますが、香水の中で濃度が一番高いオーデ・パルファムであれば、一度に半プッシュから1プッシュ程度の量が適切と言われています。

自分にとってどれほどいい香りであっても、香水のつけすぎは厳禁。強すぎる香りは周りの人を不快な気分にさせてしまうこともあります。

化粧品などと同様に、香水も開封した後は劣化していきます。香水の中に入っているアルコールが蒸発するため、香りが変化していきます。またしばらく使わないうちに、黄色などに変色することも。

気づくと同じ香りばかり選んでしまう

柑橘・フルーティ・スパイシーなど、様々な香りがありますが、つい同じような香りばかり選んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

私が一番好みと感じるのは、オレンジやレモン・グレープフルーツなど甘さの中にもスッキリとした爽やかさがある香り。次は青リンゴのようなフレッシュで若々しい香り、その次にはフローラルの甘く優しい香りと、香りの好みはかなりはっきりしています。

そのため香水を購入するときも、自分にとって最も落ち着く同じような香りになってしまいがち。

しかし、時には違う香りを付けてみたくなることもあります。たとえば、メイクや服装をいつもと変えたときに、ちょっと甘めの香りにしたいなと思ったり。

しかし一本の香水でさえ使い切れないことが多いため、結局は無難ないつもの香りに落ち着いてしまいます。

使い始めたら思っていた香りと違う

香水は実際に体につけた後、時間によって変化するものです。店頭のテスターで試した時と実際に使い始めてからでは、香りの印象が違うことや物足りなさを感じる場合もあります。

これは、香りが3段階で変化していくためです。

「トップノート」とは、香水をつけた直後から約20分の間の香り。3段階のうち、もっとも香りを強く感じられます。

「ミドルノート」は、「トップノート」の後の約3時間続く香りです。

「ラストノート」は、「ミドルノート」のさらに後の約12時間余韻として残る香りになります。

この3つの香りが自分の好みにあうかを知った上で、香水を選ぶのがよいと言われています。しかし、実際には店頭のテスターで試した「トップノート」によって選ぶことになるので、使い始めてから思った香りとは違うということが起こることもやむを得ないでしょう。

 

サブスクで「困った」を解決!

月ごとに、色々な香りを変えて楽しむことができる香水のサブスクサービス。自分のお気に入りの一品を購入するための、お試しとして活用するのもよいでしょう。先にお伝えした3つの「困った」も、サブスクを活用すれば解決可能。

まず、サブスクサービスは毎月使いきれる量が基本。もしも、余ってしまった場合は、最後にご紹介するお家の中での活用法も試してみてくださいね。

つい同じ香りを選んでしまう方は、1ヶ月限定の香りであれば、思い切って冒険してみては?自分には合わないと思っていた意外な香りと、運命の出会いができるかも。季節に合わせた香りをチョイスするのもよいですよね。

また、「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」の全てを知るには、実際に使ってみることが必要。1ヶ月使い切りのサブスクサービスで、まずは気になる一品を試してみてはいかがでしょうか?

 

香水のサブスクサービスご紹介

日本国内では、まだ多くはない香水のサブスクサービス。今回は2つのサービスを紹介しましょう。

SENTPICK

出典:https://scentpick.jp

「SENTPICK」は、有名ブランドも含む500種類以上ある香りの中から、毎月違う香りを楽しむことができるサービス。

初回購入時に専用のケースが届き、翌月からは詰め替え用のボトルに1ヶ月使い切りの量の香水が入って届きます。郵便ポストに入るサイズなので、受け取りが難しい方でも安心。

香りの選び方は2種類で、自分で好きな香りを選ぶ、もしくはおまかせ。おまかせの場合は、登録時の質問に答えた内容をもとにAIがチョイス。何が来るかは、実際に商品が届くまでのお楽しみです。

「SENTPICK」のウェブサイトはこちらから

COLORIA

出典:https://coloria.jp

「COLORIA」は、LANVINやCHANNELなどの高級香水約210種類が揃うサブスクサービス。こちらも、バッグにも入る持ち運び可能なサイズが、毎月使い切りサイズのアトマイザーに入って届くシステムとなっています。プランは4つからセレクト。1種類の香水を4mlまたは8mlサイズで選ぶものと、2種類の香水をそれぞれ4ml・8mlから指定するものです。

2種類を選ぶことができるのは、シーンや気分で香りを使い分けたい方にとっては嬉しいポイントではないでしょうか。レディース向けはもちろん、メンズ向けの香り・ユニセックスなどもあるので、夫婦やカップル、友人と一緒に選んでシェアするのもよいですね。

サブスクサービスで使って気に入った香りは、通常商品を購入することも可能です。

「COLORIA」のウェブサイトはこちらから

余った香水は捨てずに活用!

使い切れなかった香水は、捨てずにお部屋の香りとして活用することができます。

香水と同量の消毒用のアルコールを混ぜて、スプレーとして使うのがおすすめ。ポストカードやカーテンなどに吹きかけることで、お部屋の中で香りを楽しむことができます。

また、お風呂でアロマオイルの代わりに湯船に垂らして楽しむことや、拭き掃除の香りづけなどさまざまに活用できます。

 

まとめ

今回は、香水のサブスクサービスを紹介しました。使いきれずに余ってしまいがちな香水も、月ごとの使いきりサイズであれば気軽に楽しむことができます。気になる香りを試しているうちに、あなたにとっての運命の香りに出会うことができるかも?

 

ライター:MIKIKO.Y

この記事をシェアする

  • line

WHAT’S NEW

PICK UP ITEMS