THE PACK - World to Tripping - THE PACK - World to Tripping -

WORKSTYLE

何かと話題のサブスクサービス。サブスクランチはお腹も財布も満足?

2019.11.19

職場における一番の楽しみといえば、ランチの時間と即答する方も少なくないのではないでしょうか。私も、もちろんランチの時間が待ち遠しい一人。ランチに美味しいものを食べるだけで、午前中の疲れも癒され、夕方まで頑張る気力も湧いてきます。反対に、高いのに美味しくないものを食べる羽目になった場合には、損をした嫌な気分を午後の間ひきずってしまうことも。

今回は、ランチの「サブスクリプションサービス」について調べてみました。今さまざまなジャンルに登場している「サブスクリプションサービス」。ランチは、どのようなシステムで食べることができるのか、どのようなメニューがあるのか、調査の結果をお伝えします!

 

職場でのランチは安くて美味くて早いが一番!

毎日、ランチの時間に外食をするとなれば、意外と費用がかさんでしまうものです。私が働く大阪の梅田付近でも駅周辺と駅から離れた場所で価格には差がありますが、たまに東京に出張に行くと、ランチの価格が高いことや長蛇の列に驚かされます。

時間をかけてゆっくり味わうことができるディナーと比べて、昼休みの慌ただしいランチには、必要以上のコストはかけずにすみたいものです。

また、ランチを楽しみにお店に行ったとしても、満席で断られて入ることができずがっかりすることもありますよね。そのようなときは、不思議とどの店に行っても満席で断られ続ける「ランチ難民」になることも。私も過去何度か「ランチ難民」と化して、最後にはコンビニで買ったおにぎりで空腹を納めたこともあります。

仕事の合間のランチは美味しいものを食べたいというだけでなく、価格が安いことや、昼の始業開始のチャイムがなるまでに出かけて戻れることも肝心。職場でのランチのポイントは、安くて美味いだけでなく、早いも肝心です!

ランチのサブスクリプションサービスを見てみよう!

ランチは仕事のやる気にも関わってくるので、できる限りの選択肢は持っておきたいもの。

サブスクリプションサービスと言えば、食べ放題など定額でのお得さが魅力のサービスです。では、実際ランチのサブスクリプションサービスには、どのような内容のものがあるのでしょうか?

予約制のテイクアウトサービス「POTLUCK」

出典:https://www.pot-luck.jp

今回私が調べている中で「これいい!」と思ったのが、こちらの「POTLUCK」です。

2018年に東京エリアを対象に開始された「POTLUCK」は、持ち帰りのランチのサブスクリプションサービス。あらかじめ予約をして持ち帰りをするシステムのため、「ランチ難民」になる心配もありません!

ランチはスマホから予約を行うことができ、当日の朝10時半まで予約可能なのは嬉しいところ。その日そのとき食べたいものを、ランチの時間ギリギリになるまで考えることができます。

プランは、30日間で1日1回の予約ができて12,000円。平日5日間出勤して20日間食べた場合には、1日当たり600円。東京にお勤めの方にとっては破格の値段なのではないでしょうか?

メニューの例も、野菜が豊富な幕内や、豚の生姜焼き定食・フィッシュバーガーなどバリエーション豊富。1週間お試しできる「3食プラン」もあるので、該当エリアにお勤めの方はぜひお試しあれ!

「POTLUCK」の詳細はこちらから

TKG食堂@コナイト

次は、場所を大阪のオフィス街本町に移して「TKG食堂@コナイト」のサブスクリプションサービスを紹介しましょう。こちらのサービスは、他とは一味違うユニークなもの。月額980円で、卵かけご飯を毎日1杯食べることができるんです。焼き魚や日替わり惣菜などのサイドメニューや、塩辛やキムチなども追加で組み合わせることができるので、しっかりお腹を満たすこともできます。

「コナイト」では、月額5000円で毎日1杯無料のサブスクバーを行なっており、同伴者は1杯無料とのこと。「私は卵かけご飯よりお酒」と思った方もいらっしゃることでしょう。

「TKG食堂@コナイト」の詳細はこちらから

「always lunch」

出典:https://always.fan/lp/lunch/

「always lunch」は、毎月4980円でランチ食べ放題の定額サービス。月に20日通った場合には、一回当たりなんと250円でランチを食べることができます。10日通ったとしても1回当たりは498円で、オフィス街ではなかなか見かけることがないお値段です。

こちらのサービスは、現在福岡と京都で展開されていて、順次拡大予定なのだそう。福岡でのメニューを見ると、イタリアン・ベトナム料理・定食・うどんなど様々なバリエーションがあるので、ぜひ全国に拡大を進めてほしいサービスです。

「always lunch」の詳細はこちらから

ランチ以外にも!飲食のサブスクリプションサービス

余剰食品をテイクアウトする「Reduce GO」

出典:https://reducego.jp

ランチ以外にも、カフェやバーなど飲食にまつわるさまざまなサブスクリプションサービスが展開されていますが、ぜひ紹介したいのが、こちらの「Reduce GO」です。

「Reduce GO」は、月1980円の定額料金で、1日2回そのとき余っている余剰食品をテイクアウトで購入できるサービス。

アプリから検索をすると、近くのエリアでどのような余剰食品があるかが一覧で表示されます。たとえば、パンや、まかないのパスタ、ジュースなど、何があるかはそのとき次第です。

フードロスに有効なサービスと言うだけでなく、私たち消費者のお財布にも優しいサービスで、さらに料金のうち2%が環境団体へ寄付されるのだそう。

日本は世界から見ても食品廃棄が深刻と言われており、消費庁によると、平成27年度の日本の食品ロスは、年間646万トンに及びます。数字を聞くだけではなかなか実感できませんが、10トントラックに換算すると毎日1770台分の食品が廃棄されており、一人当たりではなんと年間51kgにもなるのです。

店にも消費者にもメリットがあるだけでなく、環境にも優しいこちらのサブスクリプションサービス、ぜひ全国的に展開して欲しいと思います。

「Reduce GO」の詳細はこちらから

まとめ

ランチを中心に飲食のサブスクリプションサービスの現状を調べてみました。限られた時間で慌ただしくなりがちなランチは、安く美味しく食べたいもの!

ランチ以外にも、アルコールやコーヒー、さらには余剰食品までとサブスクリプションサービスは、さまざまに広がっています。JR東日本エリアの駅においては、1日1本対象の商品を受け取りできる自販機も登場したのだとか。

何かと話題のサブスクリプションサービス。お得な情報を見逃して乗り遅れないように、チェックを忘れないようにしてくださいね。

ライター:MIKIKO.Y

この記事をシェアする

  • line

WHAT’S NEW

PICK UP ITEMS