THE PACK - World to Tripping - THE PACK - World to Tripping -

LIFESTYLE

車のサブスクリプションってどんなもの?カーシェアなどとも比較!

2019.11.28

突然ですが、我が家の愛車が故障して動かなくなってしまいました。主人は車にこだわりと愛着を持っているため、「とりあえず」の買い替えはせず、購入までに時間をかけて検討するタイプ。また、現在の我が家の家計の状況では、主人が欲しい新車をポン!と購入するのも厳しいところなので、現在は車がない生活を送っています。

しかし、車なしでは生活用品や食料品のまとめ買いをすることも難しく、主人と私どちらの実家に行くにも車がなく不便な状態。そろそろ車をどうするかを、考えていかねばならないところです。

そこで、現在ひとつの案として考えているのが「車のサブスクリプションサービス」の利用。そもそもは、車を所有しないという方向けのサービスですが、我が家のように次の車を購入するまでの期間限定で使うことができるのかどうかを考えてみたいと思います。また、レンタカーやカーシェアとの違いについても比較していきます。

車のサブスクリプションサービスとはどんなもの?

旅行先で、レンタカーを借りた経験を持つ方も多いことでしょう。車の「サブスクリプションサービス」とはどのようなものか、レンタカーやシェアサービスと比較してみましょう。

レンタカー

レンタカーは、旅行先などで一時的に使用する、数日や1週間などの期間を主としたレンタルするサービス。1時間など短い時間での利用や、1ヶ月に渡る長期間の利用が可能なレンタルサービスもあります。

レンタカーは、短期間の利用を主とするため、長期間や日常生活において利用することは現実的でないと言えるでしょう。また、レンタカーのデメリットのひとつは時間を過ぎると延長料金が発生してしまうこと。予め所要時間をしっかりと把握しておいた上で、レンタルすることが大切です。我が家は旅行先でレンタカーを借りた際に、道に迷い渋滞に巻き込まれれるなどして、返却時間に間に合わない!と何度も焦った経験があります。また返却時にはガソリンを満タンにしておく必要があることも多いので、ガソリンスタンドに立ち寄る時間も考えておかねばなりません。

カーシェアサービス

最近見かけることも多い「カーシェアサービス」は、その名の通り「他の人と車をシェアして利用するサービス」。週のうち買い物に出かける時間だけや、子供のお稽古の送り迎えなど、短時間の利用が定期的にある場合などに使いやすいサービスでしょう。短いものでは15分数百円から利用することができ、手軽に利用できるサービスと言えます。

シェアサービスの場合は、月額基本料金に加えて実際に利用した料金がかかります。利用時間と距離が長くなれば費用は高くなっていくため、どれぐらいの頻度で使用するかを考えておくことが必要でしょう。

シェアサービスの魅力は、予約さえすれば24時間好きな時間に使用することができること。全国的に利用可能なサービスにおいては、どの場所でも利用可能な場合もあり、定期的な出張で車を利用する場合などにも活用できそうです。

しかし、複数人で利用するために、利用したいときに利用できないことがある、ということも前提としておきましょう。

サブスクリプションサービス

サブスクリプションサービスは、一定の期間において定額料金で利用すると言う点からは、カーリースの一種と言えます。しかし、現在カーリースにおいては、5年〜9年などの長期間が一般的となるため、気軽には利用しづらい状態です。

後ほどご紹介するサブスクリプションサービスは、1月当たりの最低金額が5万円以上となるなど、頻繁に使わない場合には割高なサービスとなる可能性があります。しかし、使いたいときにすぐ利用できると言う点が、レンタカーやシェアサービスと比べて最大のメリットでしょう。

それぞれのサービスを比べると、我が家においてはサブスクリプションサービスが一番マッチしていると感じます。しかし、いずれ購入することも前提となるので、最低限の契約期間がどれぐらいになるのかが、サブスクリプションサービスを利用するかどうかのポイントとなりそうです。

 

サブスクリプションサービスをチェック!

「KINTO」

出典:https://kinto-jp.com

「KINTO」は、トヨタが運営する車のサブスクリプションサービス。

2019年10月時点では、月々定額で3年間新車に乗れる「KINTO ONE」と、6種あるレクサスを6ヶ月ごとに乗り換えできる「KINTO SELECT」の2つのサービスが提供されています。「KINTO ONE」では、プリウスを始め、アクアやカローラスポーツやランドクルーザープラドなどトヨタ車の人気車が揃っています。

月々の利用は定額となり、自動車税や任意保険、メンテナンス費用や故障した場合などの費用も含まれているのは安心。しかし、走行距離の制限が設けられているため、6ヶ月間での超過に対して支払いが発生することには注意が必要です。

現時点での最も安いプランは、税込みで月4万3450円。1年あたりにすると50万、3年にすると約150万円です。新車を購入する方が安い場合もあると思いますが、税金などの諸費用はなかなか侮れないことや初期費用を抑えたい場合、トヨタの車の購入を考えている場合には、選択肢のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

「KINTO」についての詳しくはこちらから

「NOREL」

出典:https://norel.jp

「NOREL」は、中古車販売のガリバーが提供する個人向けリース。「個人向けリース」とされていますが、内容を見ると「サブスクリプション」とほぼ同じ内容と言うことができるでしょう。

「NOREL」の特徴は、車ごとに決められている利用期限が最大の契約年数となること。最低3ヶ月以上使用すれば、利用終了も可能であるのは魅力的。継続して使用する場合には、5か月目からは長期割引が適用されます。

90日単位で乗り換えが可能なプランがあるので、色々な車を試してみたい、シーズンごとに違う車に乗りたい、家族の変化に合わせて車を気軽に乗り換えたいと言う方にもおすすめでしょう。たとえば、寒冷地にお住いの方は、冬の間は雪にも強い4WD車を、夏の間は4WD以外の車を利用するという使い方も可能です。

車両保険はオプションになるため、詳細な見積もり後の具体的な金額で判断する必要はありそうです。しかし、途中での解約が可能であるため、今我が家が最も利用したい「次の車を購入するまでの代車」として活用できそうと感じました。

「NOREL」についての詳しくはこちらから

 

まとめ

さまざまな商品やサービスにおいて「サブスクリプション化」が進む中で、車についても今後サブスクリプションサービスが増えていくのではないかと考えます。実際に利用する車の種類や期間・オプションの選択などにより、一概にどのサービスがお得であるかは決められませんが、ライフスタイルにあわせたサービスを使い分けていきたいものです。

 

ライター:MIKIKO.Y

この記事をシェアする

  • line

WHAT’S NEW

PICK UP ITEMS