THE PACK - World to Tripping - THE PACK - World to Tripping -

LIFESTYLE

旅に出る時のおすすめアイテム10選

2017.07.10

 

旅行に出かける時に必ず持っていくものはどれくらいありますか?

旅に出る前の準備って少しだけわくわくするのは私だけでしょうか。

準備段階から色々と妄想し、あれもこれもと思うとつい多くなりがちの荷物。

心配になって持ってはいくものの結局使わなかったなんてことはよくありますよね。

荷物が重いと移動するだけで時間と労力を使ってしまい一苦労。

せっかくの旅が“移動で大変だった”で終わらせたくはないですよね。

 

「持っていきたい荷物が自分の旅に本当に必要なものなのか」を考え、最小限の荷物で快適な旅に出かけられるように。

 

今回の記事では、パッキング方法と合わせて旅に出る時のおすすめアイテムをご紹介します。

 

 

①バックパック

荷物をまとめる時にまず考えるのが何に入れていくのかの鞄選び。

荷造りの定番としてキャリーケースが流行した時期もあったかと思いますが、キャリーケースの難点は片手が必ず塞がってしまうこと。

鞄は両手が空くものをおすすめします。

トレッキングやハイキングなど取り出し品が多くある時にはポケットが多い上入れのザックを。

その他のきままな旅には背負えるタイプで開け口が広いタイプがおすすめ。

 

鞄の種類もたくさんあるので、旅の用途に合わせて選ぶのがポイントです。

 

②圧縮袋

定番なパッキング方法かもしれませんが外せないアイテムが圧縮袋。

一番かさばる洋服は圧縮袋に入れて鞄にいれることをおすすめします。

ここでのトラップが圧縮袋だからと言って入るだけ詰め込んでしまうこと。

詰め終わって、持ち上げたときに“こんなに重いのか…”と思った経験はありませんか?

帰りの荷物は行きの準備よりも膨らみがち。

圧縮袋に詰める時は多くても6~7割程度が良いと思われます。 

 

③ミニショルダーバック&ミニポーチ

少しの移動時や財布・カードケースなどの携帯品を取り出すのに便利な物がミニショルダーバック。手持ちの物でも良いですが、ここでも両手が空く肩掛けタイプのようなものをおすすめします。

背中に大きなザック。

お腹にミニショルダーバックが筆者の旅の荷物スタイルです。

合わせて、化粧品や救急用品などを入れておけるミニポーチも持ち合わせておくといつでもどこでも宿泊ができちゃいます。

 

④携帯充電器

常日頃から携帯やPCを持ち歩く時代。旅先で電源プラグを求めることもしばしあると思います。

お店によっては「ご自由にどうぞ」と気軽に使える場所もありますが、探すのに苦労することもありますよね。

そんな時にバッテリー式の携帯充電器が一つあるだけで重宝します。

割り切って、電波を発する機器から離れる場合は話は別ですが(笑)

 

⑤カラビナ

そんなに出番はなくとも、いざという時にすぐ目に付くところにあると便利なのがカラビナ。ちょっとした小物を掛けたい時の意外と便利アイテムです。

 

⑥ナイフ

アウトドアツールの原点とも呼ばれるナイフ。ナイフ機能だけでなく、ドライバーや缶切り、栓抜きなどもついているマルチタイプ(十徳ナイフとも呼ばれる)のナイフがおすすめ。

買い物後の調理時に用いたり、アウトドアに出かけている際には木やロープを切ったり。一本持っているだけで、自然の中であらゆる作業の手助けをしてくれます。 

 

⑦サンダル

旅先で何が起こるかは行ってみないとわかりません。そのため、出かける際には靴を選んで履いていく方が多いのではないでしょうか。

その判断は間違っていないと思います。

しかし、靴を履いて行動すると恋しくなるのが解放感たっぷりのサンダル。軽量でコンパクトなサンダルをバックの端に忍ばせておくと便利ですよ。ちなみに、筆者はカラビナに引っ掛けて、バックの取っ手にくっつけながら持ち運びます。

 

⑧洗濯ネット&洗濯バサミ

何かと入れておくと便利なのが洗濯ネット。

旅先には最小限の着替えを持っていくことを前提とすると、時と場合によっては洗濯をする機会が出てくると思います。

もちろん自分の家の洗濯機ではないですよね。

宿の洗濯機やコインランドリーを使用する場合に特に女性が気になるのが下着の洗濯。

この時に洗濯ネットが一枚あるだけでその安心感は全然違います。

洗濯以外の時でも、使用済みの着替えを入れたり、お風呂セットを入れたりしても便利ですよ。

 

 

⑨チャック付きの袋

ビニール袋でも良いのですが、チャック付きの袋を何枚か持ち合わせておくと小分けをするのにとっても便利。

一番大きなチャック袋に色々な大きさを数枚ずつ入れておくと使いたい用途に合わせて選べるかつどこにしまったか分かりにくくならないのでおすすめです。

 


⑩便箋&マスキングテープ

旅先では偶発的な様々な出逢いが待ち受けております。

SNSで繋がることは簡単にできますが、もらって心温まるのが手書きでの言葉。

難しく書かずとも便箋に一言「ありがとう」と書かれていたら少し嬉しくなりますよね。

筆者も必ず便箋とミニ封筒は持ち歩き、何かあった時には言葉とプチ贈り物を添えて渡しています。「そのお返しに」って、後日お手紙を送ってくださったり、自家製の野菜や果物をいただいたりした経験もあります。

手書きでの温かさにはそんな醍醐味も含まれている気がします。マスキングテープはそんな便箋に封をするのに可愛さを高めてくれますね。封をする以外でも、マスキングテープを1、2個鞄につけておくと何かの時に役に立ちますよ。

 

いかがでしたか?

みなさんも旅に出る際には軽量化&上手なパッキング目指して、準備段階から楽しんでくださいね。

 

この記事をシェアする

  • line

WHAT’S NEW

PICK UP ITEMS